二国間の争い

スイス式ハウス建築 > 経済 > 二国間の争い

二国間の争い

2014年11月 8日(土曜日) テーマ:経済

「スプレッド」とは外為は二国間の通貨を売買して儲けを得る投資です。

 

トレードの値はいつも上がったり下がったりします。

 

これが為替レートです。

http://myhakama.jp/

ラジオを聞いていると外貨の市場の話題が流れる場合があります。

 

よく見るのが「本の為替相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

それは80円50銭から80円52銭の間で売り買いされているという意味ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを表しています。

 

取引には、買値と売値の2個の価格があります。

 

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表示するFX会社もあります。

 

一般的に買値よりも売値が安い価格に設定されています。

 

現実に買値は高く、売値は安くなります。

 

その差額をスプレッドといい取引業者の利益といわれています。

 

スプレッドはFX取引会社によって変化します。

 

スプレッドの幅は自分にとって費用になるので小さい取引業者をセレクトするほうが得します。

 

ただし、同じFX会社でも局面によってはスプレッドの広さは大きくなったり小さくなったりします。

 

仮定として通常は円とドルの通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの狭さでも、レートの上げ下げがとても激しい場面では1銭よりも広くなったりするのです。

 

という事で、スプレッドの幅が狭いのと同様に変化が少ないのが不可欠です。

 

近頃では決まったスプレッドの幅を提示する業者も多く存在します。

 

現実にFX取引会社の取引画面上で市場を調べなければ判別できないので手間がかかりますが不可欠な事です。

 

重要な財産を投資して売買するのですからリアルな注文の前に関心があるFX取引会社の取引口座開設を試して提示されているスプレッドの差を知っておきましょう。

 

同じ通貨の組合せ、その瞬間の為替の状況によって通貨ペアのスプレッド幅は異なることがあります。

 

一般的には、インターバンクマーケットで取引量の多くて、流動性の高い通貨ペアではスプレッドの広さが狭く、この他のペアではスプレッドが大きくなる事があります。